イデア工場長の日誌,イデアデザインファクトリー,イデアデザインファクトリーのデザイナー佐藤の日記です。

2012年07月25日

佐藤武格PR>>たまにある質問 Q&A

idea_QandA_txt02.jpg

Q1.佐藤さんが仕事で一番大切にしてることはなんですか?

『信頼』です。
信頼を得ること、それが一番です。

信頼を裏切らないように日々見えざる努力していくことが
実は一番しんどい。(笑)

Q2.ブランディングって何ですか?

デザインワーク(作業)としては
ロゴデザインを見直したり、その使用に際した取り決めを作ったり
私達はこういう企業ですよと企業ポリシーを明確にして内外的にアピールする仕事です。

でも経験からわかった事ですが表には見えない部分の効果の方が大きくて
社員のモチベーションを高めたり、経営者に活力を与えたり、企業の潜在能力を引き出す力になります。

企業とデザインのマッチングを促すというか
デザインを経営の味方につける仕事だと思います。

だいだいの経営者方は最初は何のことやらわからない
ところからスタートしています。

それが半年が過ぎ1年が過ぎる辺りから変化を感じ始めて
「ようやくあなたの言っていることがわかったよ」となるケースが
ほとんどです。

Q3.肩書きのデザイナーとクリエイティブディレクターの違いは何ですか?

デザイナーは文字通りデザインする人です。
実際にデザインを作っていける(描ける)能力または技術力のある人。
クリエイティブディレクターはデザインの現場において
編集管理できる人です。

私はこの二つを仕事によっては使いわけています。

たとえば撮影はカメラマンを起用する場合など、
私が欲しい絵(カット)を打ち合わせして指示をします。
最終決定権はお客様にありますが、構図は?ライティングは?など
撮影で上がったものの決定権はディレクターにあります。
これがディレクションです。

Q4.福岡に来て苦労された点はなんですか?

やっぱ方言ですかね?久留米とか八女、大牟田辺りの人で
ものを聞き返すときに普通は「えっ!?」って言う場面で「あっ!?」って
言うんですね。関西や関東、青森だってもの聞き返す時に
「あっ!?」なんて言ったらケンカになりますよね。
でもまったくそういう意図はなく「え」=「あ」なんです。
最初は驚きました。でもこれだけは未だに慣れません。。

Q5.イデアさんに印刷までお願いする企業さんが多いのはなぜですか?

お客さんは一般的にデザインと印刷は別モノと考えているのですが
実はDTPの時代に入ってデザイナーが印刷入稿用(完全)データーまで
作るようになるとデザインと印刷は密接に絡みあってくるんですね。
最終的な仕上がりはデザイナー(もしくはディレクター)の
印刷へのこだわりになってくるんです。

仕上がりに問題を生じない程度の雑誌など1色の広告などで
あれば問題はありませんが、加工や紙の種類や厚さなども含めて
デザインになってくるので製作に預けてしまった方が結果満足いくものができます。

逆に言えばここで天と地ほどの差が生じます。
だから私のお客様にはお薦めできません。

つまりデザインにおけるトータル管理力が勝負になるわけです。

idea_sato_935.jpg

idea_sato_936.jpg

多少金額は変ってきてもそんなものは多少ですよ多少。

>>誤解なきように付け加えると、、
印刷まで受けると当然、イデアのリスクは上がります。
けれどリスクを上げても良いものが作りたい
そう思うからです。

Q6.イデアの強みは何だと思いますか?

私がデザインが大好きだと言う点だと思います。

結局お客様は他人なんですが、他人事を自分事に置き換えて仕事をしています。

私は無名のデザイナーですが「俺ならこう斬る」という
太刀を持ったデザイナーであるとこと。それが強みかな?

ちょっと脱線しますが、、
女性でもいい太刀を振るう人もいるし若くて鋭い太刀を振るうものもいる。
年期の入った太刀はやっぱり重いし、、
デザインってとにかく面白い。

posted by satopi at 12:08| Comment(0) | TrackBack(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月18日

荒炎祭Tシャツ>>佐藤武格PR

プロフィールを更新いたします♪
(ブログの更新が滞ってる時はだいたい忙しと思ってください。)

idea_sato_934.jpg

佐 藤 武 格 Takenori Sato

イデア★デザインファクトリー代表
デザイナー/クリエイティブディレクター

1969年 青森県青森市で生れる。
小さい頃から絵を描くことが好きで
青森のねぶた祭りの時期には祭りそのものよりも、ねぶた小屋(ねぶたを作る場所)に
画板を持って絵を描きに行くような少年だった。
当時進学校だった青森県立青森戸山高等学校では
ほとんど勉強をせずに部活動のラグビーをして3年間過ごす。
高校卒業後はデザイナーを目指し上京。
バンタンデザイン研究所(ファッションデザイン学部研究科課程)を
卒業後は幾つかの会社を経て独立前にいた会社で
福岡の経営塾に行かせていただく傍ら、公私共に福岡県との
ご縁ができ大牟田で独立開業。
常にアイディアが溢れる工房のような会社を作りたいことから
屋号をイデア★デザインファクトリーと名付ける。
現在は「デザインで世の中を笑顔にする!」を信念に
ジャンルに捕われないスタイルで様々なデザインワークを行なっている。

最近は様々な経営の指南書を読むのが趣味。

〈好きな映画〉
SF映画全般
●マトリックス
●スパイダーマン(サムライミ監督)
●バットマン ビギンズ・シリーズ
●AKIRA(大友克洋作品)

〈好きな俳優〉
キアヌリーブス
コリンファレル
モーガンフリーマン

〈好きなファッションブランド〉
1.FUCT
2.クライミー
3.VOO

[Catch the Design/今日の一言]
今後ともイデア佐藤を宜しくお願い申し上げます。てね!
posted by satopi at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月10日

IDEAオリジナルグッズ

あ〜今日は天気良いねぇ!

今イデアのオリジナルTシャツを作っている。
きっかけは自分で着たいから作ろうと思っただけ。


遂にイデア工場長がブログから抜け出した訳だ。


自分で着たいと思った時に
ボディはミックスグレー(霜降りのグレー)が
お気に入りで、デザインはミックスグレーを
中心に考える事にした。


idea_sato_441.jpg


ユナイテッドアスレのものだ。

ややタイトなシルエットはスッキリと見せる。

薄手なのも重ね着したり
コーディネートの幅が拡がっていい。


idea_sato_442.jpg
実際のプリント面の仕上がりにも納得。


普段の仕事がデザイン工場(ファクトリー)なら
こちらはデザイン実験室(ラボラトリー)。


イデアではこのプロジェクトを
BLACK&REDプロジェクトと呼ぶことにした。


「闇を赤(情熱)で塗りつぶせ!」というコンセプトのもと
実験室から様々なイデアグラフィックスを展開する予定。


第一段はイデア工場長(IDEA★STAR)シリーズ。


もちろんインターネットで購入も可能(準備中)だが

グラフィックを見て楽しむも良し
着て楽しむも良し、、

BLACK&RED!
その心の奥にある情熱と走り出そう!!



イデアオリジナルグッズはコチラから↓
http://mygoods.upsold.com/idea



[Catch the Design/今日の一言]
ビューティフル・ルーザーズ

posted by satopi at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。